自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査


自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
インターネットのサイトやブログを確認しますと、太陽光発電の広告を貼っているケースが多くあります。
それだけ世間的に注目がされているということで、販売価格も徐々に低下してきているのです。 太陽光発電システムを選ぶ際に大切となってくるのが、年間使用電力の変化、そして家族構成の変化などといった判断は必ずしておく必要があります。
消費電力が比較的少ない家庭の場合でしたら、搭載するシステムは一般的なタイプよりも発電量の少ないものでも問題ありません。

もしこれからお子様が成長していく年代である場合におきましては、消費電力というのはさらに増えていくこととなります。
このことから予め発電量の多い太陽光発電システムを設置しておいた方が賢い選択となることでしょう。

ご自宅の屋根の形状、また耐久性や日当たりなどといったことを事前に調査をしておく必要があります。
太陽光発電の運転音は騒音とまではいきませんが、人によりましては気になることもあるので設置場所も検討をしておくようにしてください。




自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査ブログ:20-07-01

名古屋からお子様を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきったミーたち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70~80歳くらい。

気にはなっていたがミーの席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのままミーも座っていた。

するとミーの妻が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは妻にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
ミーたち家族はそこで降りたわけだが、
そこでミーは妻に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
ミーも気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた妻は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの父やママも
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

ミーは目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

★メニュー

太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
地球規模で環境問題に貢献できる
まだまだ問題点の多い太陽光発電
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
電池モジュールを搭載している太陽光発電
節電効果のある太陽光発電
もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電のそこが知りたい