もっと太陽光発電について勉強しよう

もっと太陽光発電について勉強しよう


もっと太陽光発電について勉強しよう
これから太陽光発電の導入を考えている人は、是非ともインターネットの比較サイトを参考にしてみてください。
価格やキャンペーン、アフターケアなどなど様々な項目を販売店毎に比較をすることが出来る便利なサイトとなります。 自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が導入され始めていますが、まだまだ限られた自治体だけとなります。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。

東京都の助成金制度についてですが、助成金を申請することの出来るのは太陽光発電の工事が完了し、太陽光発電の稼働開始後と定められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

太陽光発電システム以外にもエコキュートなど、国の助成金制度とは異なっているものもあります。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。




もっと太陽光発電について勉強しようブログ:20-09-20

現在、おいらは、
1歳10ヶ月になるお子さんの育児の真っ最中。

多少の前後はあるものの、
彼の現在の生活は10時6時半起床、
午後1時から3時まで午後寝、夜8時が就寝という時間で
連日規則正しい。

一日三度の食事の時間も
10時7時、午後12時、夕方6時とほぼ固定されており、
その合間に散歩にでかけたり、
公園に遊びに行ったりなどの外出がある。

もちろんそれはママであるおいらのナビゲーションの元にあるわけで、
おいらの生活リズムもそれに即したものになる。

食材の買い出しや、料理、掃除や洗濯などの
連日の家事を彼の時間に合わせてこなす結果、
同様においらの生活時間も規則正しいものとなった。

日中、家事や育児に追われ、夜に彼が寝たあと、
俗に言う「自分の時間」というものが生まれるが、
産前の頃のように夜中遅くまで、ビールを飲んだりは絶対にしない。

なぜなら、
あしたも10時6時半から体力勝負の育児が始まるからだ。

もちろん、出産以前に仕事をしていた頃にも
ある程度決まった生活時間帯で日常を送っていた。

しかしそこには、
「今日は特別」「あしたはごろごろしよう」
という日が必ずあった。

だが、現在の育児中にその「例外」は発生しない。
なぜなら彼にはまだ土日、祝日、正月などないからだ。
年中無休、一年365日この生活パターンなのだ。

ところで
皆様ご存知のアメリカメジャーリーグで活躍中のイチロー選手。
連日、野球の練習に打ち込む姿のコマーシャルから採って、
現在のおいらの生活を見たいもうとは、
おいらのことを「イチロー姉さん」と呼ぶ。

コツコツと、同じことを連日淡々と休むことなく…
もちろん全く違う生活ではあるが。

もっと太陽光発電について勉強しよう

もっと太陽光発電について勉強しよう

★メニュー

太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
地球規模で環境問題に貢献できる
まだまだ問題点の多い太陽光発電
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
電池モジュールを搭載している太陽光発電
節電効果のある太陽光発電
もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電のそこが知りたい