もっと太陽光発電について勉強しよう

もっと太陽光発電について勉強しよう


もっと太陽光発電について勉強しよう
これから太陽光発電の導入を考えている人は、是非ともインターネットの比較サイトを参考にしてみてください。
価格やキャンペーン、アフターケアなどなど様々な項目を販売店毎に比較をすることが出来る便利なサイトとなります。 自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が導入され始めていますが、まだまだ限られた自治体だけとなります。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。

東京都の助成金制度についてですが、助成金を申請することの出来るのは太陽光発電の工事が完了し、太陽光発電の稼働開始後と定められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

太陽光発電システム以外にもエコキュートなど、国の助成金制度とは異なっているものもあります。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。




もっと太陽光発電について勉強しようブログ:21-01-11

「いただきます」
そう言ってボクのご飯は始まる。
これは、ボクにとって大切なことだ。

「おはよう」や「こんにちは」と同じくらい
大切な挨拶だと思う。

料理を作ってくれる人、
料理になる前の食材を作ってくれる人に向けて言う言葉でもある。

6時起きて6時食を食べ、
14時は学校でお弁当を食べ、
夜は家族そろって夕方食を食べる…
これがボクの24時間のご飯の基本。

特に、友人と一緒に食べるお弁当や、
家族そろって食べる夕方食はとても楽しい。

おもしろい話やドラマの話、
24時間にあったことなど様々な話をする。
時に、真面目な話をしたりもする。
ボクにとってご飯の時間は、楽しいおしゃべりタイムだ。

日々、いろいろな出来事があって
その話をご飯の時間にする。
それがボクの小さな幸せだ。

でも、この世界には
その幸せを感じることができない人たちがたくさんいる。
戦争などの影響で満足にご飯ができない人たちがいる。

大人だけでなく、お子様も戦争の犠牲になる。
両親を亡くし、孤児になっているお子様たちがたくさんいる。

そのお子様たちは、飢えにいつも耐えながら生きている。
ボクたちのいる日本では、想像もつかない現実だ。

日本では食べ残した多くのご飯が捨てられる。
24時間営業の
スーパーやコンビニで残った弁当やパンは、
誰のくちにも入らずそのままごみ箱行きだ。
そして、また新しい食品が店頭に並ぶ…

世界のあちこちには
満足に食べることもできない人がいるのに、
日本ではどのくらいの食べ物が捨てられているのか?
きっと信じられない程の量がごみになっているだろう。

ボク自身も普段嫌いな物は食べずに残すから、
24時間のご飯を保証されていない人たちから見ると、
とてもぜいたくだと思う。
もっと太陽光発電について勉強しよう

もっと太陽光発電について勉強しよう

★メニュー

太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
地球規模で環境問題に貢献できる
まだまだ問題点の多い太陽光発電
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
電池モジュールを搭載している太陽光発電
節電効果のある太陽光発電
もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電のそこが知りたい