まだまだ問題点の多い太陽光発電

まだまだ問題点の多い太陽光発電


まだまだ問題点の多い太陽光発電
停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。 近年注目をされている太陽光発電は、正直な話しまだまだいくつかの問題点というものが存在しています。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。

太陽光発電というのは初期費用にまとまったお金が必要になるということも、設置を諦めてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。

太陽光発電というのは発電量が不足をしている時や夜間におきましては電力会社から電気を買う必要が出てきます。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。




まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:20-07-04

主人が、突然「家庭菜園の作り方」という本を買って来た。
自慢じゃないが、
水仙とチューリップの区別もつかない人である。

「大丈夫?」との家内の心配をよそに
猛烈な勢いで裏の荒地の草を引っ込抜き、
石ころを拾い、野菜の土を山のごとく買込んで来て、
あっと言う間に家庭菜園を完成させた。

我が家には、
小一のむすこを筆頭に、幼稚園年長の長女、二才の次女と
三人のお子さんがいる。

三人共、菜園造りを実によく手伝った。
そして上の二人はお父さんに連れられて、
自分が植えたい野菜の苗を買いに行った。

一人に一株ずつ、
スイカ、ピーマン、ミニトマトにとうもろこし。
自分の名札を立てんばかりに大事そうに、
自分で選んだ野菜の苗を植える。

お子さんたちは目を輝かせ、
お父さんを尊敬の目差しで見上げる。
こんな時の主人は、やたらとカッコイイ!

毎日、
せっせとお子さんと一緒に水と愛情を注ぎ、
帰宅すると一番に野菜畑を見に行く主人…

おれも生ゴミを土に埋め
「早く大きくなあれ」と声をかける。

家族みんなの期待に立派に応え、
すくすくと成長した野菜の苗たちが花を咲かせ、
やがて小さな実をつけ始める。

お子さんたちには、
「まだ採っちゃだめよ」と言い聞かせながら、熟すのを待つ。

ミニトマトが宝石のように真っ赤な実をつけ、
ピーマンもピッカピカに輝いている。

お子さんに収穫を任せ、食卓にのせると…

むすこは、
「野菜の中で一番好きなのはミニトマト」とほおばり、

女の子は、嫌いなはずのピーマンを口にした。

二才の女の子も、
我が家で採れた野菜と知ってか知らずか、
びっくりする程ミニトマトを次々と口に押し込む…
まだまだ問題点の多い太陽光発電

まだまだ問題点の多い太陽光発電

★メニュー

太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
地球規模で環境問題に貢献できる
まだまだ問題点の多い太陽光発電
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
電池モジュールを搭載している太陽光発電
節電効果のある太陽光発電
もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電のそこが知りたい