まだまだ問題点の多い太陽光発電

停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。 近年注目をされている太陽光発電は、正直な話しまだまだいくつかの問題点というものが存在しています。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。

 

太陽光発電というのは初期費用にまとまったお金が必要になるということも、設置を諦めてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。

 

太陽光発電というのは発電量が不足をしている時や夜間におきましては電力会社から電気を買う必要が出てきます。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。



まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:20-09-08

こんばんわっすー。

腹式呼吸が健康にいいという話はよく聞きますよね。

シェイプアップにいいという筋トレやペルヴィスダンスも、
基本は腹式呼吸をすることから始まります。

腹式呼吸とは、
腹の横隔膜を下げることによって息を吸い込んで、
逆に押し上げることで息を吐き出す呼吸法です。

これをすることによって、
内臓の血行が良くなっていったり、
大胸筋や腹筋が鍛えられて、基礎代謝量アップにもつながるそうです。

腹式呼吸の方法は簡単!
まずは息を全部吐き出します。
次に、鼻からゆっくり吸って、
この時腹もいっしょに膨らむようにします。

ちょうど、腹に風船があって
その風船を膨らませるようなイメージをすると良いかもしれませんね。

めいっぱい吸ったら、
今度は腹をへこませながら、ゆっくり息を吐き出します。
腹の風船をしぼませるようなイメージです。

肩で呼吸をするのではなく、
腹で呼吸をするというのがポイントですね。

ぼくたちは、横になっている時やイスに座っている時、
自然と腹式呼吸をしています。

一度、仰向けに寝転んで呼吸をしてみてください。
呼吸に合わせて、腹が膨らんだり、へこんだりしていませんか?

普段の生活から腹式呼吸を取り入れるのは難しくても、
ふと思いついた時に、
10〜20回ぐらい腹式呼吸でゆっくりと深呼吸してみるといいでしょう。

ぼくたち人間は、1日で26,000回も呼吸しているそうですから、
ちょっとしたことでも、
積み重ねればシェイプアップにはもちろん、
健康面でもいい効果が期待できるでしょう。

腹式呼吸をやれば、絶対やせるということではありませんが、
シェイプアップ効果をサポートするという意味で、
呼吸に気をつけてみるのもいいと思います。

フンガフフ