まだまだ問題点の多い太陽光発電

停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。 近年注目をされている太陽光発電は、正直な話しまだまだいくつかの問題点というものが存在しています。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。

 

太陽光発電というのは初期費用にまとまったお金が必要になるということも、設置を諦めてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。

 

太陽光発電というのは発電量が不足をしている時や夜間におきましては電力会社から電気を買う必要が出てきます。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。



まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:20-03-05

ママが外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
ママが外国語を喋れないとやり出すものに、
娘への外国語教育がある。

ママが外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
娘の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れないママはこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなママたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が娘に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その娘の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも娘というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

ママの意思によって
娘は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

ママが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が娘に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
娘に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。